Office 365 / Microsoft 365 移行で失敗しないための Active Directory活用術

Active Directory

昨今、多くの企業が「 Office 365 」や「Microsoft 365」の導入を進めています。WordやExcel、PowerPoint などの代表的なビジネスアプリケーションの最新版が常に利用できること、セットアップや管理が容易になることなどが注目を集めています。便利な反面、導入・移行する際には注意したい点もあります。そこで今回は、Office 365 / Microsoft 365 をスムーズに導入するために知っておきたいポイントをご紹介します。


Office 365 / Microsoft 365 移行、失敗しないために知っておきたい5つのこと

Office 365 / Microsoft 365 移行、失敗しないために知っておきたい5つのこと

今や代表的なクラウド型サービスの1つとなった Office 365 / Microsoft 365。その導入の際には、これまでオンプレミス環境では問題にはならなかった部分がボトルネックとなり、移行を妨げる要因になることがあります。どのような点がボトルネックとなるのか、押さえておきたい5つのポイントをクライアント、ネットワークの観点からご紹介します。

<クライアント編>

  • PCのスペック:Office 365 Business Essentials プラン以外、Office アプリケーションをクライアントPCにインストールして利用できます。インストールされるアプリケーションは最新バージョンのため、インストール要件を満たしているか事前に確認しなければなりません。また、クライアントPCの空き容量が十分にあることも確認が必要です。
  • メーラ:Office 365 / Microsoft 365 では、メールクライアントとして Outlook が提供・サポートされています。Office 製品との連携のしやすさ、マルチデバイス対応といった点からも、Microsoft 社はOutlook を推奨しています。もちろん、ほかのメーラを使用することもできますが、検証を行う必要があります。

<ネットワーク環境編>

  • ネットワーク帯域:Office 365 の利用では、クライアントPCからインターネットへの接続が必須となるため、導入前より多くの帯域が必要になります。
  • 空きポート:クライアントPCのインターネット接続にNAPTを利用している場合、Office 365 導入後にNAPTテーブルが枯渇しないか(インターネットへ接続するクライアントPCの増加に耐えられるか)確認しておく必要があります。
  • インターネットへの接続:社内からインターネットへの接続がProxy等によりフィルタリングされている場合には、各クライアントPCからOffice 365の各種サービスにうまく接続できない可能性があります。また、社内のDNSサーバにリゾルバの機能がない(インターネット上のドメインの名前解決ができない)場合や、VPN接続中にインターネット接続が制限されている構成の場合にも、やはり Office 365 を利用できません。各クライアントPCがどのような経路およびシステムを経由してインターネットに出て行くのか確認しておく必要があります。

ここでは主に課題となる5つのポイントについて取り上げました。もちろん、ほかにも問題が発生することもありますので、自社で解決が難しいと判断した場合にはプロフェッショナルが提供するサポートサービスなどに相談するのも一案です。

 >参考:Office 365 トータルサービス
     Microsoft 365 トータルサービス

自社で、あるいはプロの力を借りてボトルネックを回避することで、Office 365 / Windows 365 の導入はスムーズに進められることでしょう。

また一方、企業で利用する以上、Office 365 / Windows 365 ユーザ管理やアクセス制限の実装は避けては通れない課題です。次の項目では、既存のActive Directoryと連携するためのポイントをご紹介します。

▼ひとり情シス向け『Windows 系システム課題解決の救急箱』初級編
ひとり情シス向け Windows 系システム課題解決の救急箱 初級編
Active Directroy や Windows 系システムの管理や運用の際に役立つ資料を提供します。お手元において、ぜひ、貴社の運用業務の効率化を目指してください。

Active Directory を活用した Office 365 / Microsoft 365 導入・運用のコツ

Active Directory を活用した Office 365 / Microsoft 365 導入・運用のコツ

Office 365 / Microsoft 365 は、オンプレミスの Active Directory と連携することができますが、実際に連携させる際に問題となりがちなポイントについてご紹介します。

<導入編>

  • ドメイン:Active Directory のユーザアカウント用に(billa@contoso.localのような).localドメインを利用している場合は、Office 365 ドメインと適切に同期するために、(billa@contoso.com などの)確認済みドメインを使用するように.local ドメインを変更しておく必要があります。
  • UPN:Office 365 にはオンプレミスドメインと関連付けられているユーザプリンシパル名 (UPN) のみが同期されます。そのため、NTドメイン時代からのユーザ等でUPNが空になっている場合、そのユーザの同期は行われません。従って、すべてのユーザに正しくUPNが設定されているか確認しておく必要があります。

<運用編>

  • AzureAD Connect:Azure AD Connect は、オンプレミス環境と Azure Active Directory および Office 365 / Microsoft 365 を連携する機能です。この機能は、Microsoft 社が無料で提供するもので、ほかにも様々な Azure Active Directory と連動することができます。この機能を活用することで、単一のIDを使ってオンプレミスのアプリケーションとOffice 365 / Microsoft 365 のシングル サインオンを実現することができます。

まとめ

今回は、Office 365 / Microsoft 365 の導入・移行のために知っておきたいポイントをご紹介しました。これらのポイントを学んで Office 365 / Microsoft 365 の導入を成功させ、活用することによりビジネスの幅を広げましょう。

また、もし今回取り上げた以外にも、Office 365 導入や Active Directory との連携でお困りの場合には、ぜひ下記サービスの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

●関連サービス紹介
Microsoft 365 トータルサービス
Office 365 トータルサービス
Active Directory トータルサービス (構築・移行支援)


▼ひとり情シス向け『Windows 系システム課題解決の救急箱』初級編
Active Directory 環境の構築・移行・バージョンアップ
Active Directroy や Windows 系システムの管理や運用の際に役立つ資料を提供します。お手元において、ぜひ、貴社の運用業務の効率化を目指してください。